その他

【実録】家庭用脱毛器って効果ある?

夏と言ったら、

脱毛の季節!!

8月に入ってからこのブログを書くってどうなの?と私も思いましたが、

家庭用脱毛器を購入したのが6月後半で、まずは1カ月ぐらい使ってみてからじゃないと何も書けないなと・・・。

それに!

毛の悩みって以外に四季関係なかったりしますよね?

しかも、何となく話しにくかったり聞きにくかったりするトピックなので、
これからレーザーや光脱毛を考えている人のために、

私の体験談を含めながらタイトルの「家庭用脱毛器」レビューに入っていきたいと思います。

まずは、私の脱毛体験談から・・・

ワキ・・・・・ 2年間の光脱毛と2回の医療レーザー脱毛

足 (膝下) ・・・2回の医療レーザー脱毛

VIライン・・・1回の医療レーザー脱毛

と、そんなにたくさん経験しているわけではないんです。

ちなみに私は、間違いなく毛が濃い方です。

例えば、膝下のレーザー脱毛をする前の私は、朝剃ったにもかかわらず夕方ぐらいには毛が上がってくるという(/ω\)

もしかしたら男性のヒゲよりも早いんじゃないかな?と思うぐらいの剛毛・・・

そんな剛毛の私が初めて施術を受けた部位は・・・ワキ!

これはほとんどの人がそうではないかなと思います。

ワキって剃っても黒いブツブツが残るし、機械で抜くとかなり痛い上にすぐに生えてくるしで良いことなし!

まずは当時 (15年ぐらい前💦) 流行りはじめていた光脱毛を試すことにしました。

光脱毛を選んだ理由は、価格

今では医療レーザー脱毛もかなり安くなっていますが、15年前は光脱毛の方が断然お得でした。

お値段については、当時と現在とではかなり違ってくると思うので、このブログではあくまで脱毛の効果に焦点を当ててお話しますね。

光脱毛は2年間の保証期間付きで、その間なら何回でも施術を受けられるという形態でしたが、2年間で施術を受けたのはたぶん8~9回ほどだったと思います。

毛の生えてくるサイクル等の関係があるので、次の施術は2カ月半~3カ月後じゃないと予約が取れないようになっていました。

それでもキッチリ2年間通い続け、光脱毛を受ける前と後では明らかに格段の差が見られました (もちろん黒いブツブツもなくなりました) が、

完全に毛がなくなったわけではありませんでした。

その後、この数本生えてくる毛を完全になくしたいと思い、医療レーザー脱毛へ移行。

光脱毛のおかげでほとんどキレイになっていたワキなので、ワキの医療レーザー脱毛は2回のみ。

ですが!!

2回目の施術は必要なかったです (>_<)

1回目のレーザー脱毛を終えた後は、薄い毛が1~2本生えてくる程度だったのに、それすらもなくなれば?と期待をかけて2回目の施術を受けましたが、

レーザー/光脱毛は剃った後の黒いブツブツした毛穴に反応するようになっているので、

毛穴がキレイになってしまったワキには何度レーザーを当てても1本ぐらいの毛は生えてくるみたいで・・・。

みなさんにはお金を無駄にして欲しくなかったので、お話しときました。

この医療レーザー体験がきっかけで、私には光よりもレーザー脱毛の方が向いていることが分かりました。

1番の理由・・・レーザー脱毛は時間が掛からない

光はレーザーよりも威力が弱いせいか、痛みがあまり伴わない分時間が掛かります。

光脱毛も2年以上通い続ければ、いずれ完全に毛が生えてこなくなるのかもしれませんが、

2年以上も待つ必要あるかな??

それに対し、レーザー脱毛は剛毛だった私のすね毛をたった2回でキレイにしてくれました

もちろん、今でも部分的に数本生えてくるので、施術を3回受けていればもっとキレイになっていただろうとは思いますが、

その後カナダへ来てしまった + この数本のためにまた4万円近く払うのは…?と思いながら今に至ります。

それと!!

光脱毛はレーザー脱毛よりも痛みが少ないのは確かですが、まったく痛くないというわけではありません。

光もレーザーも輪ゴムでピンッとはじかれたような痛みがありますが、レーザーの痛みが耐えられないほどの痛みということはないと思います。

※ ただ、痛みの感じ方は個人差によるので要注意!

これらを踏まえて、

トリア・パーソナルレーザー脱毛器プレシジョンレビューへ!
トリア・プレシジョン

ここまで光よりもレーザーを押してきた私なので、家庭用脱毛器ももちろんレーザーのモノを選びました。

2018年の今、かなりたくさんの家庭用脱毛器が販売されていますが、レーザー脱毛器は実は「Tria (トリア) 」だけです。

例えば、有名なところで言うと「ケノン脱毛器」や他のIPL脱毛器はすべて光脱毛器。

日本だとトリアよりもケノンの方が評判高いように感じましたが、たぶんそれは痛みの関係が大きいのでは?と思います。

今までレーザー脱毛を経験したことない人が、いきなりトリアを使ったらかなり痛いと感じるはずです。

が!!

トリア・プレシジョンは強度レベルが3段階に分かれているので、

最初はレベル1で慣らしていったり、部位によってレベルを使い分けることもできるので、痛みに不安な方でも安心して使えると思います。

※ 痛みに弱い人は、氷で肌を冷やしてから使用すると良いかもしれません。
トリア・プレシジョン

実は日本に一時帰国するまで、トリア・プレシジョンの存在を知りませんでした・・・。

北米だと圧倒的に有名なのが「トリア・パーソナルレーザー脱毛器4X

トリア レーザー脱毛器4X

これまで多数のブロガーのトリア4Xレビューを見てきたので、買うなら4Xだろうと思っていましたが、

日本でプレシジョンの存在を知り、4Xと比較してみたらプレシジョンはサイズが小さいのに威力が4Xとまったく同じ!

4Xは強度レベルが5段階に分かれていますが、

4X レベル1~2 = プレシジョン レベル1
4X レベル3~4 = プレシジョン レベル2
4X レベル5  = プレシジョン レベル3

という風に、プレシジョンだから威力が弱いということはありません。

4Xは本体が重たいと言っていたブロガーがいましたが、プレシジョンはビックリするぐらいの軽量!

荷物が手元に届いた時、空箱ばりに軽かったので「もしかしたら、違ったモノが届いたんじゃ?」と思ったぐらいでした。

重さは私のスマホと同じぐらい (もしくはスマホの方が重い) なので、

これだけ軽いと持ち運び (あまりレーザー脱毛器を持ち運ぶことはないと思いますが) に便利なのと、施術中に腕に負担が掛かることもないのでかなり楽に脱毛できます。

また、お値段も4Xが54,800円 (税込)プレシジョンが36,800円 (税込) と価格が魅力的だった点もプレシジョンを購入した理由の1つです。

4Xは内臓されている電池が大きい分、プレシジョンよりも寿命が長いんだろうとは思いましたが、家庭用レーザー脱毛器の効果を見るにはプレシジョンで十分と判断しました。

プレシジョン本体と付属品

箱の中身も至ってシンプル。

入っていたものはプレシジョン本体と充電用ケーブルのみで、カートリッジ交換等の必要はありません。

充電が完了するまでの時間は約2時間、フルに充電したプレシジョンはレベルの段階に関係なく約17~20分間使用することができます。

使用方法もレーザーの照射口を肌に押し当てるだけなので、超簡単!

ここでちょっと痛みの加減について・・・

プレシジョンはサイズがコンパクトなので、施術しにくい部位 (ワキやVIOラインなど) に適していますが、

ワキやVIOは他の部位に比べてかなり毛が濃いですよね?

毛の濃い箇所はかなり痛いです。

文頭でもお話しましたが、レーザーは毛を剃った後の黒い毛穴に反応するようになっているので、毛が濃い箇所ほど痛みが伴います。

言い忘れましたが、

レーザー脱毛中は毛を抜いてはいけません!

毛を抜いてしまうとレーザーが反応しないので、レーザー脱毛期間中は毛を剃るようにしてくださいね。

また、日焼けのしすぎもレーザーが反応しない原因となるので要注意!

あとはほくろにレーザーが当たるとかなり痛いので、ほくろにも注意してください。

プレシジョンのレーザー照射口

レーザーの照射口は、直径1㎝ぐらいなのでかなり小さいですが、これはトリア4Xも同じだと思います。

4Xとプレシジョンの大きな違いは、使用時間?

トリア4Xは電池寿命が長い分、広範囲の脱毛に適していると言われていますが、照射口がプレシジョンと変わらないので時間は相当かかるはずです。

プレシジョンの使用時間はおよそ17分なので、私の場合はVIラインの脱毛で1回の充電が終わる感じです。

トリアの公式サイトによると、「2週間に1度のペースで使用していくと、2~3カ月後に効果が見られる」みたいですが、

私は週1で使用しちゃってます (/ω\)

毎週使用することで早い効果が見られるとは思っていませんが、「もしかしたら?」なんて思うのは私だけでしょうか・・・?

現在、使用を開始してから5回のセッションを終えたところで、感想を述べるにはかなり早い段階ではありますが、毛の濃い部位 (VIライン) は毛が薄くなってきました。

顔や腕などの毛の薄い部位には、まだ効果が見られていません。

このまま3カ月後 (10月) 、6カ月後 (1月) とブログをアップしていって、6カ月を終えた時点で家庭用脱毛器を買って良かったかどうかをお話しますね。

なにせ週1で使用している上に、毎週上半身・下半身に分けて2回充電するほどのヘビーユーザーなので、

内臓電池がそこまで持つのかどうかも不安なところですが、そんなことも踏まえて結論を出すつもりです。

現時点で「こんな人には向いていないかも…」と思うのは・・・

1.痛みにすごく敏感な人、極度に肌が弱い人

2.クリニックで行う医療レーザーとまったく同じ効果を求めている人
(結局は充電式のレーザー脱毛器なので、医療レーザーよりも威力が弱いし、時間もかかるはずです)

【アップデート】

**10月1日更新**

プレシジョンを使い始めてから3カ月が経過しました。

2カ月を過ぎたあたりから、週1日で行っていた脱毛を2週間に1度へと減らし、部位によってはレベルを上げたりした結果、手/足の甲の毛はほとんど目立たなくなりました。

VIラインはいまだにレベル2のままなので思ったほどの成果は見られていませんが、40%ぐらいの毛が減った気がします。

毛が少なくなったおかげで痛みがだいぶなくなってきたので、そろそろレベル3に上げてみようかなと考え中。

顔や腕などのもともと毛の薄い部位は、レベル3じゃないと効果が見られない気がしてきました。

顔は先週からレベル3に上げて行なっています。痛みや熱さはレベル2と同じだったので、私の顔はレベル3でも問題ないようです。

現時点でトリア・プレシジョンを買う価値はあった!と感じています。

もちろん、クリニックよりも時間が掛かるのは確かですが、思っていた以上の効果が見られたこと、自分の好きな時に好きなだけレーザーを発射できるという自由が私には合っているみたいです。

それでは今日も1日、良い日をお過ごしください💗💗

The following two tabs change content below.

Nina

初めまして、ニーナです。 現在カナダで暮らすコスメマニア。 昔花屋で働いていたこともあって、趣味はフラワーアレンジメントですが、 料理やオンラインショッピングも大好きです。