リップスティック, リップ

【Chanel】イチオシのリップ製品

「Chanel (シャネル) 」と言えば、誰もが知っている超高級ブランド。

恥ずかしながら、小市民の私は洋服やバック等が売られているシャネルの直営店には今まで足を踏み入れたことがありません・・・。

お店に入ったところで買えるわけでもないし、シャネルのような超有名ブランドよりもちょっとマニアックなブランドが好きだったりします。

ただ!!

そんな私ですが、唯一シャネルの製品で10年以上愛用しているモノがあります。

それは・・・

これ!!
ル クレイヨン レーヴル/34-ナチュラル


「Le Crayon Lèvres (ル クレイヨン レーヴル) 」の34番ナチュラル
です。

この10年の間に、ル クレイヨンの34番をリピ買いした回数は数えきれません。

以前にもお話しましたが、ここまでコスメにハマる前の私は口紅が好きではありませんでした。

どんな色の口紅でもなんだか顔に合っていない気がして、違和感を感じる…。

そんな中1番シックリきたのが、自分の唇の色に近いリップライナーと透明リップグロスの組み合わせでした。

当時はナチュラルメイクが好きで、
ナチュラルメイク専門のメイクアップアーティストさんがオススメしていたシャネルのル クレイヨン 34番を試しに購入。

それ以降、今もなお使い続けています。

この34番ナチュラルですが、これ以上ピッタリの名前はないんじゃないかな?

他のブランドのリップライナーで、ナチュラルと呼ばれているカラーはナチュラルじゃない!(これ、あくまで私の意見です)

正直、茶色すぎたり、ピンクすぎたり、ベージュすぎたり、白すぎたりと、どれもシャネルのナチュラルにはほど遠い・・・。

できたらもう少し安いお値段でシャネルのナチュラルに近いリップライナーはないものかと探してみましたが、なかなかないですね。

ただ!!

今のところ、1つナチュラルに近いかな?と思ったモノがあります。

それは・・・

シャネル 34-ナチュラル / アーバン ディケイ ネイキッド2


「Urban Decay (アーバン ディケイ) 」の24/7リップペンシル Naked2 (ネイキッド2)

アーバン ディケイについては、メニューの「北米にきたなら…」でもご紹介していますが、日本未発売のブランドなのでここではあまり詳しくお話するのは止めますね。

こうして色を比べてみると、そこまで近い色というわけでもないですね・・・。


シャネルのナチュラルはピンクとベージュの組み合わせ
で、
アーバンディケイのネイキッド2はピンクと茶色の組み合わせですが、
ネイキッド2は少し茶色が強い点がマイナス。

ちなみにお値段は、
シャネルのル クレイヨン レーヴルが2,900円 (CA$33.00/US$31.00)
アーバン ディケイの24/7 リップペンシルがCA$24.00/US$20.00と、

シャネルに比べたら多少安いですが、ドラッグストアばりに安いわけではありません。

※ 上記はすべて税抜価格です。

シャネル、アーバン ディケイともに鉛筆削りで削らなくちゃいけない点が難点ですが、どちらもクリーミーで唇に優しいリップペンシルです。

ナチュラルメイク好きだったら、ぜひシャネルの34番ナチュラルを試して欲しいですが、

もし海外に行く予定のある人でアーバン ディケイに興味のある方は、
24/7シリーズ (リップペンシルやアイライナー) は文句なしに良いのでチェックしてみてくださいね。

ここからは、

シャネルのリップスティック2本をご紹介⇩
ルージュ ココ シャイン リップスティック

今までシャネルのルージュ ココすら試したことのない私ですが、

ココ シャインの中で気に入った色を発見 + ココ シャインの質感が気になっていたので、初のシャネル リップスティックはココ シャインとなりました。

ご紹介するルージュ ココ シャインは、

発色が弱めですが艶だし系リップスティックなので
付け心地が軽い + 香りは一切ありません

ただ、従来のリップスティックと違って、飲食するたびに口紅が取れてしまうので長持ちはしません。

左:54-ボーイ 右:84-ディアローグ
購入した色は、54番のボーイと84番のディアローグ

この写真を見ると、「え?どちらの色もちょっとキツくない⁉」と思われるかもしれませんが、そんなことはありません!

この2色は、口紅初心者さんや派手なリップスティックはちょっと✖という方でもまったく問題なく使えます。

色のスウォッチへといく前に、お値段について・・・。

みなさんもご存知の通り、シャネルはハイエンド (高級) 中のハイエンド。

ココ シャインは日本円で3,900円、CA$43.00/US$37.00 (すべて税抜) と、予想通りに高い💦

口紅1本にこれは高い…、高すぎる!!

それでもどうしてもココ シャインを試してみたかった。

シャネルが作り出すカラーは、どれも大人向きでシックリきます。

派手すぎないのに存在感がある、それに艶まで加わったルージュ ココ シャイン・・・。

色のスウォッチ⇩⇩

上:54-ボーイ 下:84-ディアローグ

どうでしょう?

54番ボーイを唇に塗ると、「ん?」と思うほど口紅を塗っている感じがしませんが、ほのかに色付く感じとこの艶で自分の唇より断然良くなります。

確かに、3,900円も払って自分の唇に近い色のリップスティックを買うってどうなの?と思われるかもしれませんが、

実はナチュラルカラーのリップスティックを見つけるのってなかなか大変・・・。

少し高くても、お気に入りの1本を見つけられたそれで良いか…と思うようになりました。

84番ディアローグは、赤いリップスティックに抵抗のある方でも絶対に大丈夫な赤だと思います。

スウォッチ写真を見ても、真っ赤というよりは艶のおかげでスイカ色ですよね?

あまり張り切って口紅を付けたくない日には、唇の中心に少しディアローグをのせてから指で伸ばすと、かすかに赤色が付いてとても健康的な見た目に。

従来の口紅だと発色のコントロールはなかなか難しいですが、ココ シャインはみずみずしい質感なので好きな感じで発色をつけることができます。

【まとめ】

ル クレイヨン レーヴルの34-ナチュラル、ルージュ ココ シャインの54-ボーイは断然オススメです!

特に、ナチュラルメイク好きの方には絶対理解していただける自身があります。

ディアローグを購入したことに後悔はありませんが、この2つには足元にも及ばないかも?

それでは今日も1日、良い日をお過ごしください💗💗

The following two tabs change content below.

Nina

初めまして、ニーナです。 現在カナダで暮らすコスメマニア。 昔花屋で働いていたこともあって、趣味はフラワーアレンジメントですが、 料理やオンラインショッピングも大好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です