スキンケア

【ラ ロッシュ ポゼ】私のおすすめトップ3!


敏感肌のためのスキンケアブランド、「ラ ロッシュ ポゼ (La Roche-Posay) 」。

フランス生まれのラ ロッシュ ポゼなので、ヨーロッパでの人気はもちろんのこと、北米や日本でもここ数年でかなり人気が上がってきていますよね。


アレルギー反応ゼロが絶対条件!


ラ ロッシュ ポゼの製品は100%アレルギーテスト済み。1件でもアレルギー反応が見られた製品はラボ (研究所) へと送り返すという徹底ぶりなので、敏感肌の方でも安心して使用することができます。

低刺激性 (もしくは刺激ゼロ?) のラ ロッシュ ポゼ製品は、敏感肌に限らず、普通肌の人が使用してもそのつけ心地良さを肌が感じるはず!




そこで今日は、私のおすすめするラ ロッシュ ポゼのスキンケア製品を3つご紹介することにしました。

ただ、残念なことに日本で1番人気であろうと思われる「日やけ止め・化粧下地 (下参照) 」は、カナダでは販売されていません。


また、北米で人気の高いスポイト式の美容液は日本では販売されていなかったりと、日本と北米では取り扱われている製品が少し違うようで…。

ご紹介するのは、日本と北米の両国で購入できるものに絞った結果の3つのスキンケア製品 (日やけ止め除く) なので、そこのところご理解いただけると幸いです。




1.トレリアン ウルトラ8

ラ ロッシュ ポゼ


1つ目は、「トレリアン ウルトラ8 (TOLERIANE ULTRA8) 」

トレリアン ウルトラ8を化粧水と思って使用すると、かなりお値段のはる化粧水だなと感じてしまいますが、保湿アクセントとして考えると相当良いです。

※ トレリアン ウルトラ8は、内容量100mlで日本/2,420円 (アマゾン) 、カナダ/CA$25.00 (ドラッグストア) 。*アメリカではトレリアン ウルトラ8は販売されていないのか、検索しても価格が見つかりませんでした。


乾燥する秋冬にファンデーション (特にパウダーファンデーション) をのばすと、ファンデーションがキレイにのらなかったり、粉っぽく浮き上がったりすることってありますよね?

そんな時、ファンデーション後にトレリアン ウルトラ8をセッティングスプレーとしてふりかけると、ファンデーション崩れ/粉浮きを防いでツヤのある感じに仕上がります。

トレリアン ウルトラ8は、何と言ってもミストタイプのスプレーボトル!
霧吹きのようにまんべんなく顔にふりかけることができるので、セッティングスプレーとしては最高です。

※ ラ ロッシュ ポゼからはミスト状化粧水のターマルウォーターも販売されていますが、そちらは「湧水/スプリングウォーター」の化粧水で保湿力がイマイチ。年齢肌の私は保湿が必要なのでトレリアン ウルトラ8の方が合っていますが、若い方はターマルウォーターで十分かもしれません。




2.エファクラ マット

ラ ロッシュ ポゼ


2つ目は、保湿ジェルクリームの「エファクラ マット (EFFACLAR MAT) 」

保湿ジェルクリームというと、肌に保湿を与えるクリーム?と想像しがちですが、エファクラ マットは肌に程よい潤いを与えつつも、テカリを抑えてくれる不思議なクリームになります。

皮脂を抑えるだけでなく、毛穴の引き締め効果もあるエファクラ マットは、オイリー肌/ニキビ肌の方はもちろん、ファンデーション下地として普通肌の人が使用してもアリだと思います。

※ エファクラマットは、内容量40gで日本/3,300円 (アマゾン) 、カナダ/CA$30.00(ドラッグストア) 、アメリカ/US$31.99 (ドラッグストア)


** エファクラ マットの感じ **

ラ ロッシュ ポゼ/エファクラ マット


“ ジェルクリーム ” というその名の通り、エファクラ マットはシリコンクリームのようにサラッとした、つけ心地の軽いクリームになります。

エファクラ マットには薄っすらと清潔感のある香りがついていますが、つけてしばらくすると香りは消えていくので、気になるほどではないかなと。

毎日のテカリを抑える保湿クリームとして使用しても良いですが、内容量が少ないので私はファンデーション下地として使用しています。エファクラ マット後にファンデーションを塗ると、毛穴の目立たないキレイな肌に仕上がります。




3.レダミック R エッセンス

ラ ロッシュ ポゼ



最後は、エイジングケア美容液の「レダミック R (REDERMIC R) 」

前回のブログで、“ 年齢肌にはレチノール ” というお話をしましたが、レダミック Rはレチノールが配合されているアンチエイジング製品です。

レチノールの配合によってシワ、シミ、毛穴への美容効果はもちろんのこと、レダミック Rにはサリチル酸も配合されているので、肌のザラつきを整えるピーリング効果まであります。

※ レダミック Rは、内容量30mlで日本/4,730円 (アマゾン) 、カナダ/CA$56.00 (ドラッグストア) 、アメリカ/US$49.99 (ドラッグストア)


** レダミック Rの感じ **

ラ ロッシュ ポゼ/レダミック R


上の写真だとクリームのように見えるかもしれませんが、質感はしっかりとした乳液といった感じで、ベタつき感等は一切ありません。

ラ ロッシュ ポゼは香料を含まない製品が多い中、レダミック Rにはなぜか香水のような香りがしっかりとついています。しばらくすると香りは薄れていきますが、香りに敏感な方には少しキツイかもしれません。

レチノールは年齢肌向けではありますが、海外だと笑いジワ防止、肌の老化防止などを理由に20代から使用している人が結構います。個人的には20代から使用する必要はないと思っていますが、30代に入ったらレチノールの使用を考えてみても良いかも?




【 まとめ 】

以上が私のおすすめラ ロッシュ ポゼ製品になります。

日本と北米では取り扱われているサンスクリーン (日やけ止め) も違うので、今日のブログでは除いていますが、ラ ロッシュ ポゼのサンスクリーンは私のお気に入りの1つです。

※ 以前にお気に入りのミネラルサンスクリーンで、ラ ロッシュ ポゼのサンスクリーンをご紹介しています。


日本で販売されている化粧下地が気になって仕方ありませんが、カナダでいつか販売されることを祈るのみ・・・(>_<)

何はともあれ、肌へのやさしさを1番に考えているラ ロッシュ ポゼの製品は、どのスキンタイプの人でも何かしら気になる製品が見つかると思うので、1度チェックしてみてください。


それでは今日も1日、良い日をお過ごしください♥



The following two tabs change content below.

Nina

初めまして、ニーナです。 現在カナダで暮らすコスメマニア。 昔花屋で働いていたこともあって、趣味はフラワーアレンジメントですが、 料理やオンラインショッピングも大好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です