チーク/ハイライター, フェイス

自然な艶だし!私のおすすめハイライター♪

日本でのハイライターの知名度ってどれくらいなんでしょう??

私が日本で暮らしていた時は、今ほどコスメやメイクにハマっていなかったにせよ、そこそこの知識があったような気がしていましたが、ハイライターを耳にしたことも目にしたこともありませんでした。

 

がッ!!

 

カナダでコスメにハマり始めてみると、やたらと耳にするハイライター。

ハイライターを簡単に説明すると、顔に艶をださせるためのキラキラしたパウダーのことで、ハイライターを付ける場所は太陽の光が顔に当たった時に光っている部分?に塗ります

※ 説明が何だかグダグダ・・・すみません!

例えば、頬骨 (目尻下ら辺) 、まゆげの下 (触った時に骨を感じる部分) 、額の上部分 (前髪下ら辺) 、鼻筋、あご、唇の尖っている部分がハイライターを付ける主な部分ですが、こうして箇所を挙げてみると顔のほとんどがそれに当たるような・・・??

結局は太陽光なしで顔に艶をださせるというのがハイライターのコンセプトだと思うので、自分の中で艶をださせたい部分 (むしろ顔全体に塗ってもあり!) に塗るのが1番だと思います。

※ ただ!!張り切って塗りすぎると、毛穴が目立ってしまう可能性あり!

 

 

まずは、私がハイライターに求めること、それは・・・ナチュラルな艶だし

北米人はハリウッドスターのようにギラギラしたハイライターを求める人が多いですが、私は普段の生活でもおかしくない程度の何となく光ってる…ぐらいのハイライターが好きです。

これからお話するハイライターは私のトップ4のハイライターなんですが、残念なことに内2つは日本で入手することが難しいかも・・・。

後で詳しくお話しますが、その2つのブランドはなぜか日本でも入手できる/日本に店舗があるとばかり思っていましたが、写真を編集した後で日本では購入できないことを知り・・・・・

ですが、せっかくなのでこのままご紹介することにしました。

 

 

最初の2つはドラッグストア (お手頃価格) ブランドのハイライター♪

1.「essence (エッセンス) 」のPure Nude Highlighter (ピュア ヌード ハイライター)

ピュア ヌード ハイライター/Be My Highlihgt

裏を見ると「10 be my highlight」と書かれていますが、ピュア ヌードのハイライターはこの1色しかありません。この写真を見るとやけに濃い色に見えますが、肉眼だと完全に肌色です。

エッセンスのウェブサイトを見ると、どのスキントーンの人でも使える (洋服で言うとフリーサイズ) ハイライターとうたっていますが、とある白人ブロガーが「私には濃すぎる!」と言っていたので、色白の人にはもしかしたら色が付きすぎてしまうかも・・・。

ピュア ヌードのお値段・・・CA$5.99 (US$4.49)

残念ながら、エッセンスは今のところ日本では入手できません・・・。アマゾンでもエッセンスの製品をチラホラ見かけましたが、ピュア ヌードはなかった上に他の製品は1万円以上で販売されていました。

気を付けてください!!

エッセンスの製品は、どれもCA$10.00以下のドラッグストアコスメです。通関税や輸送料を考慮しても、2千円以上出して買うコスメではありません!

 

 

2.「Wet N Wild Beauty (ウェットアンドワイルド ビューティ) 」のColoricon Bronzer (カラーアイコン ブロンザー)

カラーアイコン ブロンザー/Reserve Your Cabana

カラーアイコン ブロンザーは3色から選ぶことができますが、上の写真は「743A / Reserve Your Cabana」です。名前はブロンザーなんですが、743Aはまったくブロンザーカラーではありません。

※ 他の2色は完全にブロンザーなので、色を間違えると大変なことに!!

写真を見て頂くと分かるように、かなり使い込んでいるのでもう少しで底が見えそうです♪顔に塗った時の仕上がりがとても自然で、毎日のハイライターにはずっとカラーアイコン ブロンザーを使用していました。

ウェットアンドワイルドから新発売のハイライターが出ているので、もしかしたらこちらは製造中止になるのでは…?とかなり心配・・・。

カラーアイコン ブロンザーのお値段・・・CA$4.99 (US$3.99) / アマゾン 526円

ウェットアンドワイルドのカラーアイコン ブロンザーは、間違いなく私のドラッグストアNO1. のハイライターです。

ちなみに、カラーアイコン ブロンザーには日焼け止めのSPF15が配合されていますが、ハイライターに日焼け止めが入っているところで…?と私は思うですが、どうでしょう??

 

 

ここからはハイエンドのハイライターを2つご紹介♪

3.「Hourglass (アワーグラス) 」のAmbient Lighting Powder (アンビエント ライティング パウダー)

アンビエント ライティング パウダー/Luminous Light

アンビエント ライティング パウダーには6色 (内2色はハイライターと言うよりは、プレスパウダーに近い) がありますが、上の写真は「Luminous Light (ルミナス ライト) 」。

数カ月前に「アワーグラス銀座店」という言葉を目にしたため、アワーグラスはてっきり日本に店舗があるんだと思い込んでいました・・・。

※ アワーグラス銀座店は高級時計専門店。完全な勘違い・・・。

アンビエント ライティング パウダーのお値段・・・CA$55.00 (US$46.00)

アワーグラスのチークやファンデーションもなかなか良いんですが、お値段がなんせ高い!!気楽に試してみよう!と思って買うお値段では…✖✖。

日本だととあるサイトでアワーグラスの製品が購入できそうでしたが、私がサイトを訪れた時はアンビエント ライティング パウダーの色が選べるのか選べないのか?よく分かりませんでした。

 

 

4.「Laura Mercier (ローラ メルシエ) 」のMatte Radiance Baked Powder (マット ラディアンス ベイクド パウダー)

マット ラディアンス ベイクド パウダー/Highlight 01

このベイクド パウダーは4色から選ぶことができますが、ハイライターは「Highlight-01」のみで、他の3色はすべてブロンザーです。

実は、私が初めて買ったハイライターはローラ メルシエのこのハイライターなんです。初めてスウォッチ写真を見た時にビビっときました。

まさに「ナチュラルな艶だし」とはこのことなんだと・・・💗💗

ベイクド パウダーのお値段・・・CA$50.00 (US$42.00) / アマゾン 6,353円

ローラ メルシエのベイクド パウダーは、今回ご紹介した4つのハイライターの中でも1番のお気に入り♪

 

 

最後に、4つのハイライターのスウォッチ写真・・・⇩⇩

上からエッセンス、ウェットアンドワイルド、ローラ メルシエ、アワーグラス

※ 腕の色が上下の写真でかなり違って見えますが、同じ日に同じ角度で撮影したモノです。

ハイライターなので、色の具合がスウォッチ写真だと分かりにくいかもしれませんが、肉眼でみるとウェットアンドワイルドとアワーグラスがとても似ているように感じました。

この4つのハイライターは、すべてパウダータイプのハイライターです。

ハイライターにはクリーム、リキッド、クッションタイプなどもありますが、これらのタイプはどれもギラギラした仕上がりなので、ナチュラル感を求める人にはパウダータイプのハイライターをオススメします。

 

正直、ハイライターばかりは高いお金を出したからどうということでもないような気がします…(これはあくまで私の個人的な意見) 。特にナチュラルなハイライターはどれも仕上がりが似ているので、区別しにくい!

お気に入りはローラ メルシエですが、ウェットアンドワイルドと比べてCA$45.00以上も差がつくほど良いのか?と聞かれたらとても微妙・・・。

私はコスメ好きなので、ローラ メルシエやアワーグラスのハイライターにお金を費やすことにまったく抵抗はありませんが、コスメにそこまでお金を掛けたくない人はウェットアンドワイルドのハイライターで十分かな?と。

 

それでは今日も1日、良い日をお過ごしください💗💗

 

 

 

The following two tabs change content below.

Nina

初めまして、ニーナです。 現在カナダで暮らすコスメマニア。 昔花屋で働いていたこともあって、趣味はフラワーアレンジメントですが、 料理やオンラインショッピングも大好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です