ファンデーション/下地, フェイス

【ランコム】人気No.1のリキッドファンデーションを検証!


日本でウェブ上人気ナンバーワンのリキッドファンデーション、
「Lancôme (ランコム) 」のタンイドル ウルトラ ウェア リキッドがそれほど良いファンデーションなのかを今さらながらに検証してみることにしました。

以前まで、ランコムのファンデーションには香水のような香りが強くついていたので購入を避けていましたが、リニューアルされたファンデーションには香りがついていないことを知り、早速購入してみることに!

※ 基本的に、香料のついているファンデーションは好きではないので購入を避けています。一部例外のファンデーションもありますが…。




** タンイドル ウルトラ ウェア リキッド **


私はカナダ在住のため、購入したタンイドル ウルトラ ウェア リキッド (上写真) はSPF (Sun Protection Factor) が15と低いですが、日本で購入するとSPF38 + PA+++と数値が断然高くなります。

アジア人の女性は、やっぱり美白/色白を追求する人が多いので、同じブランドのファンデーションでもアジア版だと必ずと言っていいほどSPFが含まれていますが、カナダだとSPFが含まれているファンデーションの方が少ないです。

ちなみに、タンイドル ウルトラ ウェアリキッドは全スキンタイプに対応していて、乾燥肌/混合肌/オイリー肌のどの肌タイプの人でも使用が可能です。




** タンイドル ウルトラ ウェア の感じ **


内容量は30mlで、ガラスのボトルにポンプがついた容器になっています。
価格は日本/6,600円 (税込) 、カナダ/CA$60.00 、アメリカ/US$47.00 。

※ 上記の価格は、すべて各国のランコム公式サイトを参照。


カラーについてですが、日本と北米ではカラーの番号がまったく違うので、私の購入した140 アイボリー (N/ニュートラル) が日本のどれに当たるのか定かではありませんが、BO-01かBO-02じゃないかなと…?

ニュートラル = 黄色と赤色の中間色という意味なので、日本だと “BO” のラインがそれに当たると思います。


タンイドル ウルトラ ウェア リキッドは、24時間つけ心地の良さが続く+カラーが落ちないファンデーションとなっていますが、ファンデーションを24時間つける人もそうそういないような気が…。

ウルトラ ウェアを24時間つけて試したことはありませんが、つけ心地の良さはファンデーションを塗った瞬間から落とすまで続くのと、長時間つけていても化粧崩れ等はしませんでした。




** タンイドル ウルトラ ウェアをつけると? **

左:ファンデーションなし 右:ファンデーションあり

※ 39歳という年齢肌のため、シミ/そばかす、毛穴の広がりがヒドイですが気にしないでください。


ファンデーションのカバー力は、ライト~ミディアム。
ファンデーション自体がサラッとした軽い感じの質感なので、重ね塗りしても厚塗り感はまったくありません。


【タンイドル ウルトラ ウェア リキッドの利点】

オイルフリー・香料なし・色移りしないファンデーション
*ノンコメドジェニック

* ノンコメドジェニック・・・毛穴を詰まらせる要因となる製品ではないと皮膚科医から認められた製品のこと



総合評価   ★★★★☆




【 まとめ 】

星は4.5。
ファンデーションにカバー力を求める人には、タンイドル ウルトラ ウェア リキッドは少し物足りないと感じるかもしれません。

個人的には、ファンデーション自体は星5つ。
確かにカバー力は少し弱めですが、パウダー等で少し抑えるとすごくキレイな肌に仕上がるのと、ファンデーションをつけている感じがまったくしない点がその理由です。

ただ、最終的に星を半分減らした理由は、時間が経つとTゾーンの皮脂がかなり目立っていたので、オイルコントロールの点がイマイチかな?と。

ファンデーションに何を求めるかは人それぞれですが、私の中でランコムのウルトラ ウェア リキッドは、デパコス ファンデーションの上位3位以内に間違いなく入るファンデーションです。


それでは今日も1日、良い日をお過ごしください💗




The following two tabs change content below.

Nina

初めまして、ニーナです。 現在カナダで暮らすコスメマニア。 昔花屋で働いていたこともあって、趣味はフラワーアレンジメントですが、 料理やオンラインショッピングも大好きです。