スキンケア

ヒアルロン酸配合の化粧水って、どうなの?

ここ数年、やたらと目にする「ヒアルロン酸」の文字。

これは、アンチエイジングを気にし始めた私だから目に付くのか、それともヒアルロン酸自体がスキンケア製品として注目を浴びているからなのか・・・?

理由はともあれ、ヒアルロン酸が気になってしょうがない!!

そこで今日は、ヒアルロン酸が配合された3つの化粧水を半年間試してみた私の感想、および比較をしながら、ヒアルロン酸についてお話していこうと思います。

まずはヒアルロン酸にはどんな効果があるのか?

気になりますよね。

【ヒアルロン酸の効果】
1.コラーゲン物質を高める
2.肌のうるおいを保つ
3.アンチエイジング効果

と、大きく分けてこの3つが主なヒアルロン酸の利点かな?という気がします。

歳をとると体内のコラーゲン物質が低下し、このコラーゲンの低下によってシワやシミが目立つようになります。

また、張りのある肌を保つにはコラーゲンラベルを高める必要があります。

そこで登場するのが、ヒアルロン酸!

注射注入やサプリメントで内側から摂取しなければ意味のないコラーゲンと違って、ヒアルロン酸は肌の外側から浸透させることで肌に効果を与えることができます。

ヒアルロン酸が配合された化粧水を使用することで肌にうるおいを与え、衰えてしまった肌を手助けるだけじゃなく、老化も予防しよう!

※ 何だか製薬会社のキャッチフレーズっぽくなってしまいましたが、私はただのブロガーです。

こうやって改めてヒアルロン酸について話してみると、完全にアンチエイジング製品だということが分かりますね・・・。

正直、ヒアルロン酸は若い方に必要ないのでは…?と思います。

私は35歳を過ぎるまで肌に大きな問題を抱えることなく、どんな化粧水を使っても同じだったので、特別なことはせずに生きてきました。

毛穴の広がりやシミ・そばかすが目立ち始めたのはここ数年 (アラフォー年齢) です。

なので、若いうちはその肌を謳歌すべき!!

問題が出始めてから対処しても、決して遅くはありません。

ようやく、本題のヒアルロン酸化粧水のお話に入ります。

今回ご紹介する3つの化粧水はこちら⇩⇩
左からちふれ、極潤、極潤プレミアム

肌ラボは日本に限らず、北米でもかなり人気があるので比較的手に入れやすいんですが、ちふれは難しいですね・・・。

カナダで暮らしながら日本のスキンケア製品を試したい私は、基本的にYesStyle.comを利用して購入しています。

※ YesStyleって何?と思った方は、こちらをクリック

肌ラボの極潤と極潤プレミアムは、どちらもYesStyleで購入することが可能ですが、ちふれは取り扱っていないようでした。

私は日本に一時帰国した際にちふれを購入しましたが、もし北米からちふれを購入できるサイトが見つかったら、またご報告しますね。

**ちふれ/化粧水 しっとりタイプ**
ちふれ 化粧水 しっとりタイプ

液体のようすをお伝えしたくてショットグラスに入れてみましたが、何だか訳の分からない写真になってしまいました…。肉眼でも違いが分かりにくかったので、写真では余計に分かりづらいですね・・・。

その下の写真は、化粧水をつけた直後の写真になります。

ちふれからは、濃厚化粧水・美白化粧水・ノンアルコールタイプなどの計8種類の化粧水が販売されていますが、私の購入した「しっとりタイプ」は・・・

ヒアルロン酸・トレハロース配合で、
肌をみずみずしくしっとり保つタイプ
※ トレハロースとは・・・高い保湿力で、肌の細胞を保護する効果あり

ヒアルロン酸配合の化粧水って、液体自体がネバネバ・ヌルヌルしているモノが多い中、ちふれのしっとりタイプは普通の化粧水とほぼ同じ (もしくは完全に同じ) 質感です。

私は化粧水がヌルッとしていることに何ら違和感を感じませんが、カナダ人の中にはこの質感が耐えられないという人も多いので、

もしヌルヌルした化粧水が嫌だという人にはちふれをオススメします。

化粧水をつけた後の「うるおい」という点ではかなり優れているちふれ。

ヒアルロン酸化粧水なのにベタつくことなく、普通の化粧水よりもしっとりしていてうるおいが続きます。

**肌ラボ/極潤 ヒアルロン液**
肌ラボ 極潤 ヒアルロン液

ヒアルロン酸が配合されている化粧水を試したいと思ってまず購入したのが、肌ラボの極潤 ヒアルロン液でした。

※ 極潤のヒアルロン液にはさっぱり系のライトタイプも販売されています。

極潤 ヒアルロン液は・・・

3種類のヒアルロン酸を配合、髪の毛にも使用可、
吸いつくようなもちもち素肌

この他にも「必要のないものはできる限り削ぎ落している」とうたっているだけあって、

オイルフリー・アルコールフリー、弱酸性、さらに敏感肌へのパッチテスト済みと良いことづくし!!

ちなみに、今回ご紹介している3つの化粧水はすべて無香料・無着色です。

このヒアルロン液はかなりヌルッとした液体なので、名前がヒアルロン化粧水じゃなくてヒアルロン液なのかな?なんて思ったり・・・。

これは完全に私の憶測です。

ヒアルロン液をつけた瞬間は、肌がかなりもちもちして吸盤のように指が張り付きますが、液が乾くとしっとりと言うよりはかなりさらっさらです。

湿気の強い日本だと、しっとりからベタつきに変わってしまう化粧水より、さらさらした仕上がりの方が人気があるのかな?

ただ、カナダ在住の私には少しうるおいが足りない気がしました。

もともとオイリー肌なので夏場は完全にヒアルロン液で十分ですが、秋~春にかけての化粧水としては少し物足りないような?

ちふれと極潤を比較した場合、しっとり・うるおいが残るちふれの方が私は好きです。

**肌ラボ/極潤プレミアム ヒアルロン液**
肌ラボ 極潤プレミアム ヒアルロン液

極潤プレミアム ヒアルロン液は・・・

5種類のヒアルロン酸を配合、美容液のような使い心地、
うるおいが続く高保湿化粧水

極潤とほぼ同じ (オイル・アルコールフリーなど) 感じではあるんですが、プレミアムの方は5種のヒアルロン酸に加えてサクラン (うるおい成分) が配合されているので、極潤よりもさらにうるおいに焦点をあてた製品です。

ショットグラスを見ると、液体の中に小さな泡が交じっているのが分かるでしょうか?

プレミアムはヌルヌルを通り越して完全にドロッとした液体なので、ボトルを思いっきり振らないと液が出てきません💦

高保湿化粧水だけあって肌がかなりうるおうので、この化粧水だったら極度の乾燥肌の人でも満たされるはず!?

私の場合、春夏の化粧水としては少し重たいので、秋冬用で使用しています。

化粧水の後に乳液を使用しない私にとって、プレミアムのヒアルロン液はこれ1つで十分に化粧水と乳液の役割を果たしてくれます。

【まとめ】

ヒアルロン酸化粧水を使用する上で、1つだけ大きな注意点があります。

それは・・・

目の周りに十分注意して使用してください!!

使い始めは何も気にせずに、適量を手にとってバシャバシャ顔に振りかけていましたが、次第に目が焼けるようなジリジリとした感じを覚えました。

それから涙目になって、目を開けていることすら辛い状態に・・・。

最初はアイシャドウのせいかも?アレルギーかも?と思いましたが、ようやく理由がヒアルロン酸化粧水だということに気づきました。

化粧水をつけた手でついウッカリ目をこすった時も同じ反応を起こしたので、目の周りだけは十分に気を付けてください。

今回この3つの化粧水を比較してみて思ったことは、ちふれが以外に良かった!

ただ!!

肌ラボは化粧水だけじゃなくて、保湿クリームや日焼け止めも使用したことがありますが、どれをとっても文句なしのクオリティです。

敏感肌の人でも安心して使える製品なので、肌に優しいという点を考えるとやっぱり肌ラボに手が伸びてしまうのも正直なところ・・・。

どちらにしても、日本のドラッグストア製品ってすごい!

同じレベルのクオリティを北米のドラッグストアに求めることはできません・・・。

コスメは海外製品の方が好きですが、基礎化粧品・スキンケア製品は断然日本の製品の方が良いです。

個人的には、韓国のスキンケア製品も日本の製品には及ばないと感じていますが、これは完全に私だけの意見かも…?

それでは今日も1日、良い日をお過ごしください💗💗

The following two tabs change content below.

Nina

初めまして、ニーナです。 現在カナダで暮らすコスメマニア。 昔花屋で働いていたこともあって、趣味はフラワーアレンジメントですが、 料理やオンラインショッピングも大好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です