ファンデーション/下地, フェイス

【Dior】ディオールスキン フォーエヴァー フルイド マットをついに購入!


「Dior (ディオール) 」から、2019年初めに新作ファンデーションとしてリリースされたディオールスキン フォーエヴァー フルイド ファンデーション

こちらのファンデーションは、ツヤなしマットとツヤだしグロウの2タイプの仕上がりから選ぶことができますが、日本ではディオールスキン フォーエヴァー フルイド グロウが1番人気です。

また、ディオールスキン フォーエヴァー ファンデーションの中には、24時間フルカバーが続く+1日中崩れないアンダーカバーも販売されています。

※ カバー力って何!?と思った方は、こちらをクリックしてみてください。



参考までに、私の肌質は基本的にオイリー肌/混合肌ですが、年齢のせいか部分的に乾燥する箇所が増えてきました。さらに、現在38歳ということもあって完全に年齢肌です。

そんな私がフォーエヴァー フルイド グロウを使用すると、ツヤ/輝きを通りこして脂のギラギラした感じに仕上がりそうな気がしたのでフルイド グロウの購入は却下しました。

かと言って、アンダーカバーのようなフルカバーのマットファンデーションは、年齢肌の私が使用すると老けた感じの仕上がりになる可能性があるのでこちらも却下しました。

歳をとると、ファンデーション選びにかなり苦労します…(>_<)




そんな私が購入したのは、

ディオールスキン フォーエヴァー フルイド マット

フォーエヴァー フルイド マット


フォーエヴァー フルイド マットを選んだ理由は、仕上がりが「セミマット」

セミマットのファンデーションは、マットよりだけど多少ツヤのある感じ = 健康的な感じに仕上がると思い込んでいますが、これは私の妄想かもしれません。


数年前の私だったら、カバー力がシアー~ライトのバックステージ フェイス&ボディ ファンデーションを選んでいたと思いますが、年齢を重ねると隠したいモノが多すぎる!

また、以前まではクッションファンデーションも好きでしたが、値段の割に内容量の少ないクッションファンデーションは最近は購入していません。

その結果、現在はカバー力がミディアムで、セミマット仕上がりのリキッドファンデーションを購入することが多いです。




** ディオールスキン フォーエヴァー フルイド マット **


容器は、ポンプ式でガラスのボトル。ファンデーションの容器にポンプがついているだけでテンション上がるのは私だけでしょうか…?

カバー力はミディアム~フルカバーですが、スポンジで1度塗りだと完全にミディアムカバー。重ね塗りすればフルカバーに仕上がるかもしれませんが、厚塗り感が出てしまう可能性ありです。

残念ながら、ディオールスキン フォーエヴァー フルイド マットには香水の香りがついていますが、塗った瞬間に強い香りを感じる程度でしばらくすると香りは消えていきます。

香りのついているファンデーション (特に香水系) が苦手なので、初めは少々戸惑いましたが、3~5分ほどで香りがなくなっていたので安心しました。




**フォーエヴァー フルイド マットを塗ってみた**

左:ファンデーションなし 右:ファンデーションあり


この歳になって、ここまで寄せたスッピンの写真を載せるとは思ってもみませんでしたが、ファンデーションを塗った感じをお伝えするためにはしょうがない!

※ 年齢肌のため、シミやそばかす、毛穴の広がりがヒドいですが気にしないでください…💦


ディオールの公式サイトに、「ベルベットのようななめらかな肌」に仕上げると書かれていましたが、確かに薄っすらとパウダーで抑えたかのようなベルベット肌に仕上がります。

普段はファンデーションが崩れないように、リキッドファンデーションの後はパウダーで抑えていますが、フォーエヴァー フルイド マットはその必要なし。

購入した色は「N1.5」で、カラーマッチはバッチリでした。ただ、ファンデーションを塗ってしばらくすると色が少し濃くなってくるので、思っている色よりも少し明るめの色を購入すると良いかもしれません。




総合評価    ★★★★☆





【 まとめ 】

ディオールスキン フォーエヴァー フルイド マットは、ファンデーション崩れなし、素肌のような仕上がりで重たくない、数時間後は鼻周りがテカる程度で他の箇所はマットのままです。

ファンデーション自体は個人的には星5つですが、北米で購入すると60ドル以上、日本だと6千円以上もするファンデーションということを考えると、もっと安いお値段で似たようなクオリティのファンデーションが見つけられそうな気がしたので星は1つ減らしました。

フォーエヴァー フルイド マットとプチプラファンデーションの「L’oreal (ロレアル) のインファリブル ファンデーション」が似ているという人もいますが、それは一部当たっているかもしれません。



ちなみに、乾燥肌の人にはフルイド マットはお勧めしません。混合肌の私でも、ファンデーションが浮き上がらないように保湿をしっかりして、秋冬はスポンジを湿らせてから塗っています。

フォーエヴァー フルイド マットは、秋冬のファンデーションとしては少しマットすぎる気がするので春夏に使用するのが待ち遠しいですが、仕上がりがとにかくキレイなので結局のところ四季は関係ないかも?!


それでは今日も1日、良い日をお過ごしください💗




The following two tabs change content below.

Nina

初めまして、ニーナです。 現在カナダで暮らすコスメマニア。 昔花屋で働いていたこともあって、趣味はフラワーアレンジメントですが、 料理やオンラインショッピングも大好きです。