アイ, マスカラ/つけま

「CLINIQUE (クリニーク) 」 2つのマスカラ

今日は久々のマスカラレビュー♪

最後にマスカラをレビューしたのは3カ月ぐらい前でしょうか??大分日が経ってますね・・・。

あまりにも時間が空いてしまったので、まずは私の好きなマスカラタイプやこだわり?からお話したいと思います。

 

私がマスカラに求めること・・・それはボリュームとカールの持続力

ですが、この2つを兼ねそろえたマスカラはなかなか存在しません!!

ボリューム重視のマスカラは、まつげにたくさんマスカラを付けることを目的として作られているので、どんなにビューラーでまつげを上げても、マスカラの重みに耐えきれずにまつげが下がってきてしまうんですね。

その一方、カール力 (カール持続力) を重視したマスカラ = ウォータープルーフのマスカラは、マスカラ自体が少し乾燥した感じの質感なので、どんなに塗ってもまつげが下がってくることはありません。がッ!ボリュームはイマイチです。

ウォータープルーフのマスカラに出会う前は、ずっとボリューム重視のマスカラを使っていました。当時はマスカラを塗った後で、下がってしまったまつげをビューラーで上げ直すという…、何ともまつげに良くないことをしていました。

さらに!!マスカラ後にまつげを上げ直すと、せっかく塗ったマスカラが取れてしまったり、アイラインまで薄くなってしまうということがほとんど・・・。

そんなことを繰り返している内に、たまたま間違えて買ってしまったウォータープルーフのマスカラを使って、まつげが落ちてこないことを発見ッ!!

嬉しかったです・・・。

確かに、ウォータープルーフのマスカラはボリューム力がイマイチだし、何だか乾いた感じのマスカラでまつげに塗りにくいんですが、まつげが下がってこない (化粧を落とすまで下がってきません!) ことを考えたら、それらの小さなことは私は気になりませんでした。

と、ここまで散々ウォータープルーフのマスカラについて力説してきましたが、今日のマスカラはどちらもウォータープルーフではありません・・・。

すみません・・・。

 

 

日本ではどんなマスカラが人気なのだろう?と、「@cosme (アット コスメ) 」をチェックしていたところ、第5位に輝いていた「CLINIQUE (クリニーク) 」のラッシュ パワー マスカラ ロング ウェアリング フォーミュラが目に留まりました。

1~4位のマスカラは日本でしか買えなそう (検索に検索を重ねたら、もしかしたらカナダでも買えるかもしれませんが…) だったので、5位とちょっと中途半端ではありますが、クリニークのラッシュ パワー マスカラを購入してみることに・・・。

 

クリニーク/ラッシュ パワー マスカラ ロング ウェアリング フォーミュラ

このマスカラはオンラインショッピングで購入したので、手元に届いた時にあまりの小ささにビックリ・・・。

ですがッ!!

容器が小さいだけで、内容量が少ないというわけではありませんでした。

 

ちなみに私が持っているランコムのマスカラと並び比べてみると・・・

上:クリニーク / 下:ランコム

容器だけを見ると大きさにかなり差があるんですが、内容量はクリニーク ラッシュ パワー 0.21oz/6mlランコム イプノスター 0.22oz/6.5mlと、大して変わらないんです。

なので、容器があまりにも小さいからってショックを受けることないです♪ (私は完全にショックを受けてしまいましたが・・・)

ラッシュパワーマスカラの特徴・・・繊細ロングまつげに仕上げる、コンパクトなブラシでまつげ1本1本をセパレート、汗・皮脂・涙に負けないフォーミュラ、ぬるま湯で簡単に落とせる

価格・・・3,780円 (税込) 、CA$24.00 、US$18.00

※ 上記の説明、価格はクリニーク公式サイト (日・加・米) を参照

 

 

次は、ラッシュ パワー マスカラをまつげに塗った写真…⇩⇩

ラッシュ パワー マスカラを上下のまつげに塗った感じ

私がこのマスカラで1番気に入っているところは、ワンド (ブラシ部分) が細長くてとても塗りやすい!!ワンドだけで言ったら、私の持っているマスカラ全部合わせてもこのワンドが1番良いと感じました。

ワンドが大きいと、マスカラがまぶたや顔のアチコチに付いたりして塗りにくいんですが、ラッシュ パワーのワンドはコンパクトなのでその心配はいりません。また、きめの細かいブラシなのでまつげがキレイに分かれてくれるところも◎

 

どうしてもその良さを伝えたいので、もう少し近寄った写真を…⇩⇩

ラッシュ パワー マスカラのワンド

伝わると良いんですが・・・。

仕上がりはとてもナチュラルです。クリニークが描写しているように、ボリュームよりも長さを重視しているマスカラなんだとは感じましたが、すごく長くなった!という感じではないです。

自然な仕上がりのマスカラということ以外に言うことは…、ないですね・・・。

このマスカラはどんなに塗ってもダマになったりしませんが、ビューラーで何度も上げ直すのがイヤだったので、上の写真は1度塗りしかしていません。

会社や学校などの毎日の生活に適したナチュラルなマスカラを求めている人、お湯で落とせるマスカラなのでクレンジングを楽に済ませたい人にはピッタリのマスカラだと思います。

 

 

2つ目のマスカラは、新発売のハイ インパクト マスカラなんですが、実は日本では未発売・・・。

クリニーク/ハイ インパクト マスカラ #01 ブラック

クリニークの日本公式サイトにはまだ発表されていません (2018年4月現在) でしたが、アマゾンで並行輸入品として販売されていたので、日本でも購入することは可能です。

上の写真はフルサイズのモノではなくて、お試し品として手にしたモノなので本来のサイズよりも大分小さい (トラベルサイズ) です。

クリニークカナダ/アメリカの両サイトを見ても、内容量は掲載されていなかったので定かではありませんが、金額がラッシュ パワー マスカラと同じCA$24.00/US$18.00だったので、内容量も同じじゃないかな?と思います。

 

次は、ハイ インパクト マスカラをまつげに塗った写真…⇩⇩

ハイ インパクト マスカラを上下のまつげに塗った感じ

こちらのワンドは、ラッシュ パワー マスカラのワンドに比べてかなりポッチャリしていますが、マスカラワンドとしてはとても一般的なサイズです。

サイズが大きいので少し塗りにくいですが、こちらもブラシが細かい分まつげがキレイに分かれてくれて、ダマになることもありませんでした。

写真を見比べると「まったく同じ!?」と思っている人もいるかもしれませんが、使ってみた感じはハイ インパクトの方がボリュームあります。ビックリするほどのボリューム力というわけではありませんが・・・。

この写真もマスカラは1度塗りだけですが、2度塗りしたら間違いなくもっとボリュームが出せると思います。ラッシュ パワーの方は何度塗ったところで…✖という気がしました。

どちらのマスカラもウォータープルーフではありませんので、マスカラを塗った途端にまつげが下がってきますが、そのあと軽くビューラーで上げ直したらカールは維持されました。

 

今回のマスカラは、もともと私の好きなタイプのマスカラではないと分かって購入したので、評価するというよりはファースト インプレッション (初めて使ってみた感じ♪) としてレビューしました。

どちらのマスカラもナチュラルな仕上がりで、時間が経つにつれてマスカラが粉のように頬に落ちてきたり、まつげが下がってきたりということもなかったので、マスカラとしては何ら問題ないですね。

もし誰かに「リピ買いするならどっち?」と聞かれたら、答えは・・・ハイ インパクト マスカラです。

※ これはあくまでマスカラにナチュラルさを求めない私の個人的な意見です。

 

それでは今日も1日、良い日をお過ごしください💗💗

 

 

 

The following two tabs change content below.

Nina

初めまして、ニーナです。 現在カナダで暮らすコスメマニア。 昔花屋で働いていたこともあって、趣味はフラワーアレンジメントですが、 料理やオンラインショッピングも大好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です