UVケア, スキンケア

「Cetaphil (セタフィル) 」の日焼け止め保湿クリーム

今日はここ最近で1番気に入っている保湿クリームをご紹介したいと思います。

 

もともとオイリー (脂性) 肌で、若い時 (実はつい最近まで…) から化粧水だけで生きてきたため、この歳になるまで顔に保湿と言う保湿はほとんどしてきませんでした・・・。

保湿し過ぎると余分な脂を与えてニキビや吹き出物ができてしまうと思い込んでいたんですね。それでも32歳ぐらいまでは肌に何の問題もなく生きてきたので、それも間違ってはいかなかったような気がします。

他の方々に比べたら今でも間違いなくオイリー肌の私ですが、加齢とともに肌がだんだん乾燥へと近づき、化粧水だけでは不十分になってきました。

 

さらに、カナダは冬場でも日差しがとても強い (秋冬は曇りの日が多いですが…) ので、保湿クリームに多少の日焼け止めが入っていないと、家でスッピンでいるだけでもシミやそばかすの原因になります。

そこで私が発見したのは、日焼け止めが入っている保湿クリーム

もちろん、日焼け止めと保湿クリーム (または乳液) を別々に使用する方が、日焼け止めにしても保湿にしてもより効果が見られると思います。

がッ!!

ここでもまた面倒くさがり屋の性格が出てしまって申し訳ありませんが、私は化粧水→保湿クリーム→日焼け止めという3段階を踏むことすら面倒くさいんですね・・・。

できたら化粧水の後は、ササッと保湿クリームを塗って終わらせたい!!

 

 

そんな私が1番最初に出会ったのは「Olay (オレイ) 」の保湿クリーム

Olay (オレイ) /アンチエイジング

実際の名前はすこぶる長いんですが、短縮形は「オレイ アンチエイジング デイリー フェイシャル モイスチャライザー」。短縮形でも十分長いですね・・・。

簡単に言うと、顔用の保湿クリームに日焼け止めのSPF15が配合されているモノ。

オレイの保湿クリームはたぶん2年近く使用していましたが、気に入っていたからというわけではなくて、とりあえず顔に保湿できているから「ま、いいか」という感じで使い続けていました。

ですが、クリームを塗ってからスッピンでちょっと外出した後に鏡で顔を見ると、とてつもなくテカッているんですね。それは真冬のガビガビに乾燥した気候の日でも変わりませんでした。

 

 

そこで、私に合った保湿クリームはないかと検索を開始・・・。

2番目に購入したのは「Cetaphil (セタフィル) 」のディリー フェイシャル モイスチャライザーSPF15。

セタフィル/デイリー フェイシャル モイスチャライザー SPF15

※ セタフィルについては以前に「30代のニキビケア!」でお話しているので、気になった方はそちらもチェックしてみてください。

 

セタフィルと言えば、北米では皮膚科医お墨付きのスキンケアブランドです。ニキビや肌の乾燥などの肌トラブルで皮膚科を訪れると、必ずと言っていいほどセタフィルの製品を試すよう勧められるほど、皮膚に優しいセタフィル。

もし何かしらの肌トラブル (顔だけじゃなく体も) を抱えている方は、1度セタフィルの製品を試してみると良いかもしれません。

私は至って健康な身体の持ち主ですが、唯一悩みを抱えているのが皮膚の痒み・・・。日本に居た時は、セカンドオピニオンを求めて何カ所も皮膚科を変えたり、月に1度は必ず皮膚科に行ってお薬をもらっていましたが、痒みがなくなることはありませんでした・・・。

ほとんどの先生からアレルギーとの判断を下されていたので、アレルギーなんだろうとずっと思っていましたが、カナダでの診断は「ただの乾燥・・・」

それから毎日欠かさずセタフィルのモイスチャライジングクリームを使い続けていますが、痒みはだいぶ治まりました。

 

 

話が大分ソレてしまいましたね…。

セタフィルのフェイシャル モイスチャライザーに話を戻して、次は実際のクリームの様子です。

デイリー フェイシャル モイスチャライザー SPF15

1番・・・至って普通のクリームです。

2番・・・少し伸ばすと、クリームと乳液の間のような質感 (テクスチャ―) 。

3番・・・クリームを完全に伸ばした写真。

 

クリームの様子

実際のクリームの様子をより詳しく伝えたかったので、この↑写真だけ少し拡大して載せることにしました。

通常の保湿クリームに比べてかなり質感が薄いので、クリームと言うよりは乳液に近い感じです。なので、顔に塗った後もベタつくことなく、サラッサラ♪

ただ!!

乾燥肌の人は、もしかしたら保湿力が足りないと感じるかもしれません。私の場合は、これ以上保湿を求めると顔がテカテカになってしまうので、これぐらいの保湿力でまったく問題ないんですが・・・。

また、通常の日焼け止め (SPF入りのモノ) って、日焼け止め独特のニオイがしますよね?このクリーム、ビックリすることに日焼け止めのニオイはまったくしません。かと言って、無味無臭ということではありませんが、気にならない程度の香料が付いています。

 

残念ながら、セタフィルの公式サイトでも「Amazon.jp (アマゾン) 」でもディリーモイスチャライザーのSPF15は見当たらなかったんですが、SPF50の方はアマゾンで取り扱っていました。

フェイシャル モイスチャライザーSPF50

 

北米だとお値段は買う場所によってマチマチですが、私が購入したところではセール中でおよそCA$20.00でした。アメリカだともう少し低価格で購入することができると思います。

 

 

この保湿クリームはあくまでスッピン用 (外出しない時のみ) なので、SPF15と少し低めの日焼け止めを使用していますが、外出する時はSPF40以上のモノを使用しています。

がッ!!

現在使っている日焼け止め (SPF43) はニオイが少しキツイ + オイルコントロールがイマイチなので、他の製品に替えようかと検討中・・・。

セタフィルのSPF50を買ってみるか、他の製品を試してみるかはまだハッキリしませんが、購入次第また更新しますね♪

 

それでは今日も1日、良い日をお過ごしください💗💗

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

Nina

初めまして、ニーナです。 現在カナダで暮らすコスメマニア。 昔花屋で働いていたこともあって、趣味はフラワーアレンジメントですが、 料理やオンラインショッピングも大好きです。