アイシャドウ, アイ

「Anastasia (アナスタシア) 」 アイシャドウパレット -Subculture-

今日は8カ月間、悩みに悩んだ挙句に結局購入してしまった「Anastasia Beverly Hills (アナスタシア ビバリー ヒルズ」の「Subculture (サブカルチャー) 」アイシャドウパレットのレビュー

 

 

アナスタシアについては、メニューにある「北米に来たなら…」でもチラッとご紹介していますが、現在では日本にアナスタシアのアイブロウサロンが多数存在するほど、アイブロウ製品でその名を轟かせたアナスタシア。

※ このアイブロウサロンですが、カナダには存在しません…。アメリカだとビバリーヒルズに1店舗しかないと私は解釈していますが、間違っていたらすみません!

 

まゆげのサロンってどうなの!?と気になるところですが、アイブロウ製品に20~30ドルも費やせない私が今後アイブロウサロン (1回につき4,500円) に行くことは…??なさそうですね・・・。

 

ただ!!

 

アナスタシアのアイブロウパウダー (大体CA$30.00) はずっと前から気になっているので、今年こそは試してみたい!いや、試すべき!!

残念なのは、アイブロウパウダーは今のところ日本では入手できないかもしれません…。アナスタシアのサロンでアイブロウ製品の販売はしていないものかと調べてみましたが、ウェブサイト上には製品販売については何も書かれていませんでした。

ヘアーサロンなんかだと、プロ用?のシャンプーやスタイリング製品がお店で買えたりしますよね?もしかしたら、アナスタシアもサロンに行ったら買えるのかも? (これはあくまで私の妄想?願望?です…)

 

 

と、ここまでアイブロウを連発しながらお話してきましたが、今日はまったくアイブロウとは関係のないアイシャドウパレットのご紹介です…。

実のところ、私のオススメアナスタシア製品は「アイシャドウ」なんです

リップ製品もなかなか有名なアナスタシアですが、アイシャドウは飛びぬけて良い!!初めて買ったアナスタシアのシングルアイシャドウで完全にトリコになってしまった私ですが、1色のアイシャドウ (しかもケースなし) にCA$16.00/US$12.00は間違いなく破産・・・

シングルアイシャドウを集めるよりは、アイシャドウパレットを購入した方がお得だなとずっと思っていました。ちなみに、アナスタシアのアイシャドウパレットで1番有名なのは「Modern Renaissance (モダン ルネッサンス) 」。

正直、モダン ルネッサンスがリリースされた時は完全に買う気でいました。北米だと100人中90人のブロガーがオススメするほど太鼓判のモダン ルネッサンスですが、色がイマイチ私には合っていない気がして購入を断念・・・。

次にリリースされたのが「Subculture (サブカルチャー) 」なんですが、サブカルチャーのレビューへ移る前に最近リリースされた「Soft Glam (ソフトグラム) 」について少しお話しますね。

ソフトグラムがリリースされたのは3月だったと思いますが、リリース前からかなり大注目を浴びていました。そりゃそうですよ、この色たちを見たら誰もが欲しがるパレットですよ。ただ、上の写真だとまったく良さが伝わらないのが残念ですが・・・。

とてもバランス感のある色合いで、ロマンチックローズ系のメイクから濃い色の派手目メイクまでできる、これさえあれば!的なアイシャドウパレットです。

モダン ルネッサンスの時と同様、始めてソフトグラムを見た時は「これだ!」と思いました…。ソフトであたたかみのある色合いばかりなので完全に魅かれましたが、私の持っているシングルアイシャドウのコレクションと似た色ばかり…。

似たような色ばかり集めていると、どんなに頑張っても仕上がりが同じになってしまうんですよね。これが理由でサブカルチャーを買うことにしました。

 

 

サブカルチャー アイシャドウパレット

アナスタシアのアイシャドウパレットは、どのパレットもベルベットのカバーなので触り心地がサイコー♪ ベルベットだと汚れが目立つので✖✖と言うブロガーも多いですが、私はこのベルベットケース嫌いじゃないです。

サブカルチャーがリリースされた時、色合いがとてもユニークだったのでまたすぐに魅かれてしました。

 

がッ!!

 

サブカルチャーのクオリティが通常のアナスタシアのアイシャドウのクオリティと大分異なることが問題となって、評判はかなりのマイナス・・・。粉っぽいので顔中にアイシャドウが散らばる、アイシャドウがブレンドしにくいなどなど、問題ばかりのパレットだったんです。

メイクアップアーティストでもない私がこのアイシャドウパレットを使いこなせることはないだろうと、リリース当時は購入を諦めたんですが、サブカルチャーを見かけるたびに心が動く・・・。

 

サブカルチャー アイシャドウパレット

ソフトグラムがリリースされた時に、肉眼で色が見たい!と思って「Sephora (セフォラ) 」へ・・・。

隣に配置されていたサブカルチャーを見た時に、やっぱりソフトグラムよりもサブカルチャーの色に魅かれている自分がいました。

サブカルチャーを使いこなせる自信はあまりありませんでしたが、それでも販売中止となってから買わなかったことを後悔するよりはマシだろうと購入を決意!

ちなみに、アナスタシアのアイシャドウパレットにはブラシ (両サイドがブラシになっているタイプ) が付いてきますが、何だかサイズが中途半端なので私は今のところ使っていません・・・。

 

それでは、もう少し色に近寄ってみましょう・・・

サブカルチャー アイシャドウパレット

CubeとElectricはデュオクロームなので、光の当たり方によって2色の色が現れます。例えば、Cubeはパレット内だと真っ白に見えますよね?ですが、白とピンクのデュオクロームなので、肌に付けて光に当てるとピンク色にも白色にも見えるんです。

この2色とAdorn (メタリック) を除いて、他の色はすべてマット (艶なし、キラキラなし) カラーの全14色入りです。全体的にウォームトーンばかりの色合いなので、仕上がりがキツくなることはないと思います。

確かに、他のブランドのアイシャドウパレットやアナスタシアのシングルアイシャドウに比べると粉っぽい (ブラシをアイシャドウに軽く当てるだけで、たくさんのアイシャドウがくっ付きます) という気はしますが、力加減に気を付ければ問題はないです。

 

次は、アイシャドウのスウォッチ写真♪

左上からCUBE, DAWN, DESTINY, ADORN, ALL STAR, MERCURY, AXIS 左下からROXY, ELECTRIC, FUDGE, NEW WAVE, UNTAMED, EDGE, ROWDY

※ 上のスウォッチ写真の並び順は容器内通りです。

この写真は太陽の光に当てない状態で撮影したモノなので少し暗く見えるかと思います。左上の1番最初の色のCubeは色が薄いので分かりにくいかもしれませんが、肉眼で見ると薄っすらピンク色です。

他の色はご覧の通り、発色がとても良いです。春夏にはちょっと向いていない色かな?と思いきや、オレンジや黄色が入っているので夏でも問題なさそうですね。

お気に入りの色はDawn、Fudge、Axis、Rowdy。この4色のためにサブカルチャーを買ったと言っても過言ではありません・・・。

 

それでは最後に、太陽の光が当たった時のスウォッチ⇩

This picture was taken with sunlight.

この写真だと少~しだけCubeの存在が見えますね。これらの色を見ると分かるように、サブカルチャーは毎日の生活に適したアイシャドウパレットというわけではありません。

無難な色を組み合わせてナチュラルメイクもできないことはないですが、ナチュラルメイクを求めている人には他のパレットを買うことをお勧めします。

結論から言うと、購入したことにまったく後悔はありませんが、人にオススメする?と聞かれたら答えは微妙…。サブカルチャーのクオリティに関してはまったく問題ないと感じましたが、色をブレンドさせるのに少し時間が掛かります。

もしアナスタシアのアイシャドウパレット購入を考えている人がいましたら、モダン ルネッサンスかソフトグラムをチェックしてみてください。この2つはシングルアイシャドウと同じくらいクオリティが高い + 色のバランスがとても良いので、間違いなくサブカルチャーより使いやすいです。

 

それでは今日も1日、良い日をお過ごしください💗💗

 

 

 

The following two tabs change content below.

Nina

初めまして、ニーナです。 現在カナダで暮らすコスメマニア。 昔花屋で働いていたこともあって、趣味はフラワーアレンジメントですが、 料理やオンラインショッピングも大好きです。